CloudCore VPS 新規お申し込み受け付け終了についてのお知らせ
「 CloudCore (CV01/CV02/CV03/CV04)」は、2017 年 6 月 30 日をもって新規お申し込み受け付けを終了しました。なお、現在ご利用中のお客さまは、サービス終了までひきつづきご利用いただけます。root 権限付サーバーをご検討中のお客さまには CPI レンタルサーバーでご提供しております root 権限付専用サーバーをご提案します。
詳しくは下記 URL よりご参照ください。

ニュース

2013年02月06日

クラウドサービス「CloudCore VPS」にビジネス向け上位プランを追加

株式会社 KDDI ウェブコミュニケーションズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山瀬明宏)は、2013年 2月 26日、クラウドブランド「CloudCore」の「CloudCore VPS」において、新たに上位プランを設け提供を開始します。

当社では、2011年 11月より、クラウドブランド CloudCore を設立し、CloudCore VPS を提供しています。これまで、CloudCore VPS の提供プランは、さまざまな開発環境に適した現行プラン(CloudCore VPS 2048)の一プランのみでしたが、メモリ容量やディスク容量の高い上位プランのご要望をお客さまより多くいただいていました。

今回提供を開始する上位プランでは、現行プランと同様に完全仮想化の KVM を採用し、安定稼動と高スペックを実現しました。下位プランの CV01 では、初期費用無料、月額料金 1,260円*1という安心してご利用いただける料金で、CPU 仮想 2コア、メモリ容量 2GB、ディスク容量 100GB という充実した性能を備えました。最上位プランの CV04 では、初期費用 9,975円※1、月額費用 7,560円*1という低価格ながら、CPU 仮想 6コア、メモリ容量 12GB、ディスク容量 800GB の性能を有しています。

現行プランに加え CV01〜CV04 の計 4プランの提供を開始することで、これまでスペックの不足が懸念され開発が難しかった大規模アプリケーションの構築やバックアップサーバーとしての使用、また、アクセス数の多いウェブサイトの運営や高機能な CMS の利用などが可能になりました。幅広いプランを設置したことで、お客さまのご希望の用途やご予算に合わせプランをお選びいただける、自由度の高いサービスです。

このほかに、一回で複数台を申し込みできる「まとめ買い機能」も追加します。複数人で開発をされる場合や開発環境のバックアップ用途として必要な際などに、複数台を同時にお申し込みいただける便利な機能です。

クラウドブランド CloudCore では、お客さまに安心・満足してクラウドサービスをご利用いただけるよう、今後も機能の充実に努め、よりよいサービスを提供してまいります。

CloudCore VPSスペック抜粋

プラン名 CloudCore VPS 2048 CV01 CV02 CV03 CV04
初期費用 0円 0円 3,990円 5,670円 9,975円
月額※1 12ヶ月契約 945円 1,260円 2,415円 4,725円 7,560円
メモリ 2GB 2GB 6GB 8GB 12GB
ディスク容量 100GB 100GB 300GB 450GB 800GB
CPU 物理1コア 仮想2コア 仮想3コア 仮想4コア 仮想6コア
OS(標準OS) CentOS 5.6 x86_64 CentOS 6.2 x86_64
提供OS CentOS 6.2 / CentOS 5.8 / Debian 6.0.4 / Fedora 16 / FreeBSD 9.0 / Scientific Linux 6.2 / Ubuntu 12.04 / Ubuntu 10.04
ISOアップロード
root権限(管理者権限)
24時間365日有人監視
20日間返金保証

*1 12ヶ月契約一括前払いの場合の税込み料金です。

CloudCore VPS の Facebook ページ

ページトップへ