当社ではクラウドビジョンの中心と位置付け「CloudCore」を2011年より提供してまいりましたが、この度、下記スケジュールにて順次サービスのご提供を終了させていただく事となりました。
今後は、レンタルサーバー及びマネージド専用サーバーの強化により幅広いお客さまがご利用しやすい環境をご提供するため、経営資源を「CPI」に集中しクラウドホスティング事業を推進してまいります。

<サービス終了スケジュール>

※契約期間変更、オプション変更、請求先情報変更については2021年5月28日15時までとなります。

特長

超高速・高性能なVPSが月額換算1,320円(税込)から

超高速・高性能

CloudCore VPSは、ウェブサービス開発・運用に最適なスペックで構成されています。
CPUは2コアから6コア、メモリは2GBから12GBまである料金プランから選ぶことができ、ディスクは最大800GBと必要十分。従来型の専用サーバーと比べても遜色ありません。最安プランなら月額換算1,320円(税込) なので、個人やスタートアップベンチャーにもご活用いただけます。
(※ 12か月契約一括払いの場合)

完全仮想化

Linux カーネルに搭載の仮想化技術「KVM」を採用。お客さまのリソースは完全に独立しているので、より自由度の高いサーバー運用を実感できます。

Linux KVMによる完全仮想化図

仮想化対応表

安心の定額費用

ネットワーク転送量無制限、トラフィックがどれだけ増えても料金は定額。ウェブサービスの運用にも安心してご利用になれます。

かんたん操作

CloudCore VPSの特長は、なんといっても「かんたんに操作ができること」。
リモートコンソール機能、OSの起動・停止・インストールなどが簡単におこなえるコントロールパネルを搭載しています。任意のISOイメージファイルを持ち込んで、使いたいOSをインストールすることができます。

コントロールパネル スクリーンショット

ダッシュボード

ダッシュボード画面

コントロールパネルからほぼすべての操作がおこなえます。
面倒なOSインストールもボタンを押下するだけ。

リソースモニター

リソースモニター画面

負荷の状況、稼働状況の目安がグラフィカルに把握できます。

KDDIグループのホスティング専門ブランドとしてのサービス品質

ISMS KDDIグループとしての安定したサービス提供と徹底したデータ保全を追求し、サービス品質を高めています。さらに情報セキュリティマネージメントシステムに関する国際規格「ISO/IEC 27001」(ISMS)を取得しており、安定したサービスクオリティを担保します。

ページトップへ