当社ではクラウドビジョンの中心と位置付け「CloudCore」を2011年より提供してまいりましたが、この度、下記スケジュールにて順次サービスのご提供を終了させていただく事となりました。
今後は、レンタルサーバー及びマネージド専用サーバーの強化により幅広いお客さまがご利用しやすい環境をご提供するため、経営資源を「CPI」に集中しクラウドホスティング事業を推進してまいります。

<サービス終了スケジュール>

ニュース

2015年04月13日

【重要】CloudCoreVPS OS インストール機能での提供 OS 終了のお知らせ

平素は CloudCore VPS をご利用いただき、誠にありがとうございます。

2015 年 6 月 3 日(水)をもちまして、OS インストール機能での提供 OS を終了いたします。
これまで、弊社では CloudCore VPS の OS インストール機能にて、Ubuntu や FreeBSD をはじめとする標準 OS の以外の OS を提供してまいりましたが、OS のバージョンアップやサポート期限の終了、お客様がご利用を希望される OS の種類やバージョンの多様化に伴い、OS のインストールについては OS インストール機能で提供している 「ISO アップロード機能」に一本化することにいたしました。

今後「標準 OS」以外 をインストールする際は「 ISO アップロード機能」をご利用ください。

対象サービス CloudCore VPS 2048
CloudCore VPS CV01、CV02、CV03、CV04
サービス提供終了日 2015 年 6 月 3 日(水)15時
内容 対象サービスにて提供している OS インストール機能を利用して、あらかじめ弊社でご用意している以下の OS をインストールすることができなくなります。
CentOS 5.8 / Debian 6.0.4 / Fedora 16 / FreeBSD 9.0
Scientific Linux 6.2 / Ubuntu 12.04 / Ubuntu 10.04
注意点
  • すでに OS インストール機能を利用してインストールされている場合、そのままご利用いただけます。
  • OS 初期化をした際は、これまでと同様 CentOS 6.2 x86_64 がインストールされた状態となります。

ご利用のお客様には多大なご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。

今後も弊社ではお客様への一層のサービス向上に取り組んでまいりますので、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

お問い合わせ

カスタマーサービス部:support@cpi.ad.jp


ページトップへ